2008年03月11日

ちょwww

OASYSwww
この記事へのコメント
めいどノ。ここに書くのも久々ですのう。

このシンセって90万もするのかぁ〜すげぇ
と、思う一方で正直何がすごいのかがよく
わからない貧乏耳なわけでorz

勢いでOASYSの関連動画なんぞを漁ってみた所
テクノやトランスとかいったジャンルに疎い
せいもあるんですが、やはり電子音関係
(ソフト、ハード両方)の価値観が自分と
かなり異なるなぁと思ったしだいであります。

たとえばこのシンセの評価基準を考えたとき
音色のリアリティであったり
音加工の容易さであったり
音加工の自由度であったり?

コメをみてると音色の批評が目につきますけども
それならウェーブテーブル音源の評価と
変わらない気がするんですが、やはり
シンセサイザーなら「加工」に重点が
おかれてるのかなかな?と思うのですが
どうなんでしょうね〜

ま、一番不思議なのはニコニコの音だけで
音質の評価が出来る彼らの耳なんですがねw
Posted by あきん堂 at 2008年03月12日 00:27
まいど、ご無沙汰しております。

正直なとここのOASYSの評価は僕もよく分かってません。
いってしまえばシンセサイザーとしてできることは何でもできるというものではありますが、90万というのは無駄に高すぎると。プロでも買わない。
価値がある人にはあるのかも知れませんが。
実際の所時代遅れ感が否めない。
ていうかニッチすぎるだろ。
そのため評価基準もいろいろあって分からんと。いわば全てができる機材である以上、評価する点も全てなので。

そもそもソフトでコピーとはいえ代替できる時代にこれはなぁと。

たぶん、KORGはこれを売るんじゃなくて、これだけのものを作る技術があるということを見せるために作ったんじゃないかなと。
シンセとしては優れていますが、その価値を使用者がどれだけ引き出せるのかは難しすぎます。
時代に残るものといえばそりゃ残りますけど。

この動画を張ったのは、まぁ内容が佐々木氏の曲であったことと、OASYS買ってる奴いたーwww
ってそんな感じ。

KORGは最近はカオスパッドのような特殊なものを売りに出していますし、クラブ系の方向へよっているので、OASYSは一層浮いた存在になりそうです。
ある種資産価値があるから、買ってもそんはないんだけどなぁ。

2ちゃんのスレとか見ているとほんとに、ニコニコの連中のなんというか平和な耳には驚かされます。
デジピのライン録りで東方を弾いたってだけで、全くうまくもないのに10万再生とかなんで?って。
http://bubble6.2ch.net/test/read.cgi/piano/1203618683/
この辺を読んでいると、あぁニコニコのユーザーって…
とかなりがっかりしました。
Posted by 笠那 at 2008年03月16日 13:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(管理人にのみ表示されます):

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/89159120
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。