2007年07月29日

やっぱ

ピアノ弾きたいわ。
いっそのこと全て捨ててしまえと、また全く触らないでいたけど、
ニコニコ動画で弾いてみたで検索したりしてると、弾きたいなーっておもってくる。
適当に細々やってこうかと思う。
うまくなるとかそんな気持ちは持たずに。

とりあえず、さっさとテストおわんねーかな。
久しぶりに暇な長期休暇に入れる。
何しようかもう今からwktk

やることは山積みですけどね。
たぶん遊べるのはこれが最後だから。


少し前のニコ動のおっくせんまんのピアノの人、Unoさんのアレンジの仕方に微妙に似てる。
と思ったのはオレだけだろうか。

2007年07月27日

メモ2

http://www.nicovideo.jp/watch/sm518923
ガンガレ 超ガンガレ
両手使えばもっと楽になるよ。

楽譜
http://www.nicovideo.jp/watch/sm359768
見てて、腕が動いてしまった。
まだ離れられないんだねぇ
いっそのこと全てなくなってしまえばいいのに。

楽譜はググれば見つかるよ。
バラバラだけど。

何が言いたいのかって言うと

何か面白いモノがほしいってこと

でもきっと、面白いとはもう思えないんだろうなって。

東方モノが嫌いなわけ

ぼくがいわゆる東方モノが嫌いなのはね、
この業界に付いていた接頭語をなくしてしまったから。

そんな物はじめから無かったのかも知れないけど。
少なくともぼくはそれを見ていた。


ぼくは二次創作は今後もきっとしないだろうし、
消費さえもきっと減っていくだろう。

してみたいというのはあるけれど、
単純に根気がない。


ただ、ずっと疑問に思ってることは、
CDを出すことにどれほどの意味があるんだろう。

今のこの状況で。

メモ

http://www.nicovideo.jp/watch/sm668464
まだテスト段階だそうで
面白そうなので期待

なんでこれ系がないんだろうニコニコ
下手にいじるとアンチが来るからか

2007年07月25日

最近、

眼鏡萌えというものが分かりかけつつある笠那デスこんばんわ。

眼鏡萌えの半分はギャップ萌えで出来ているらしいですね。
そんな諸兄にもギャップ萌えを体感していただきたく思います。
それではどうぞ
http://www.kajisoku.com/archives/eid1539.html


イヤ、これはなくね?ないよね?
しかし違う萌えが開花されそうで、ぼくはどうしたらいいのでしょうか?

こういうのは……一度開いてしまうと……だめなんだ……
こんな……大きいのが……広がりきって戻らない……
もう戻れないんだ……ぼく……

なんか知んないけど

seesaaのトップのポッドキャストの四つ中三つがぼくは木冬つかさちゃん!(http://www.nicovideo.jp/watch/sm650161)になっててワロタ。

うちの本名を短縮するとつかさになるから、リアル厨房の頃つかさの名前で書き込みとかしてたオレには感慨深いものが…
全くないな、うん。

2007年07月22日

思うんだけど

中田ヤスタカと高瀬一矢は全然別物だろう。
イヤ、高瀬氏だけじゃないからそうとも言えないけど。
一概に求めるのは酷じゃなかろうか、と。
つぶしかねないし。

すごいよね

無料で使えるAdobeCS3の代替ソフト

買えば30万ぐらいするんだっけ?よく知らないけど。
こういうの作る人ってほんと頭上がらないや。

でも、絵のことは全く分からないのでぼくには関係ないお話なのです。

結構多くの人に関係ありそうなのと言えば、有名だけどオープンオフィスかな。
オフィスソフトがなくても、これがあれば大丈夫。という代物。
まぁ完全に代替可能とは言えませんが、なかなか便利です。ほんと。

2007年07月21日

質問

同人音楽の歴史が概観できるサイトってありますか?
出来ればデータ付きで。

何年にこれ系のCDが何枚とか、葉鍵から東方までの流れの、それぞれの潮流が具体的のどの時点で発生していたのかがデータ付きで分かるとありがたいです。

ねーよなぁ。

データがなくても良いので。
最悪サイトでなくても、どっかのブログ記事で同人音楽の歴史を概観してる記事があったら教えてください。

とりあえず、ミクシの同人音楽系コミュでもちょっと漁ってきます。

2007年07月19日

イソジン

イソジンが、なんか変な味がすると思って、使用期限をみてみたら

三年前でした。

誰だよこんなの引っ張り出してきた奴。

まぁ10年前にものを使った人もいるから大丈夫だろう
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2047824.html

とおもったら、この質問内容大丈夫じゃないな。

ニュースサイトのおもしろさ

ゴルゴ31やカトゆー家みたいなニュースサイトって個人的にあんまり好きじゃないんです。
時間の無駄だから。

いや、ゴルゴ31なんかは面白いネタ一杯張ってるし、カトゆー家は情報量がすごいです。
でもそうまでして世間の流れに敏感でありたいとも思わないし、なんていうかふーんで終わるネタが多すぎるように思います。
それでもやっぱり需要はあるし、たまに見ては楽しんでます。

そんな中で、見てるニュースサイトが一件だけあって、RinRin王国です。
ネタと言うよりも、昨今流行のいわゆるライフハック系のリンクが多く、別の意味で楽しいです。活かせてるかというと疑問ですが。
そして適度にオタク寄り。

まぁつまり、読み手が何を期待して何を吸収するかで、ライフハック目的の記事でなくても読み手にとってはそうなるんですけど。
そういった意味でも面白いのがRinRin王国には多いと個人的には思います。

んで、今日(7月17日)のリンクは非常に面白かった。
なんて言うか全体で横のつながりが感じられたんです。まぁすごく個人的な感覚のものだと思うけど、結構感動だったのでお知らせ。
どこが?って具体的に述べるとものすごい分量と時間がかかってしまいそうなんで、暇な人はだいたい全部の記事に目を通して何となくぼくが感じた感動を感じてもらえたら幸いってぐらいの気持ちで書いてます。

一番面白かったのは「ソープへ行けと彼女は言った」を分析の記事かな。
これを軸にして他の記事を読むとあ、つながってるって思えたので。

ただネタを羅列しているよりもそのネタごとが関連を持たせられたりすると、すごく意味があるように思える。
ニュースサイトである以上の意味が感じられるし、そういう風にして読みたいと思った。ニュースサイトにも管理人はいるんだから。

2007年07月17日

2007年07月15日

文章の書き方

説明の文章は「女の子のミニスカート」

言い得て妙だなぁ。

無駄に長いか無駄に短いかなこのブログも見習いたいもんだ。

ていうかそもそもぼくに向上心がない以上どうしようもないか。

ふむ。

2007年07月14日

怨念戦隊ルサンチマン

えー、検索しちゃいました。
一瞬で見つかっちゃいました。

怨念戦隊ルサンチマンNO SMOKING

ウン、とりあえずノーコメントで。
パロディ元の方はもっとノーコメントで。

ルサンチマンの解説ページでものっけときますね。
http://www.haun.org/~kyoudai/ressenti/
http://kuals.hp.infoseek.co.jp/works/1997/

おまけ
エヴァの生みの親「庵野秀明」大学時代の自主制作映像SWFBLOG
DAICON4すごい

まじで

テストやばいんですけど、なんで更新してんでしょうかね。
まぁまだ今週はぎりぎりセーフのラインだから。
来週は地獄見てるでしょう。

今のうち今のうち。

耳コピ

なんか面白い耳コピソフトにたまたまあたったので、ついでに普段使ってるツールとかも紹介してみましょう。

今回見つけたその面白いソフトってのがこれ
窓の杜 - 【NEWS】MP3音声を解析して音程をピアノロール風に表示できる耳コピ支援ソフト
作者さんのページ「Ackie's Lab」

昔からずっとwavからMIDIは不可能といわれてて、まぁ今も不可能なわけですが。
でも、ある程度は出せるんですよね。
これはそれを手軽に実現する、そんなソフトです。

同じような機能を持つのに、以前ここで紹介したことのある採譜の達人がありますが、これは、色々とパラメーターの設定とか基準音の設定とかで色々とめんどくさいのに対し、上のソフトではそれがほとんど一切なし。
音楽ファイルつっこんでデフォルト設定のまま解析すればおしまい。
しかも採譜の達人とそれほど変わらない結果。

そりゃきちんとした設定読み込ませてやれば採譜の達人の方が精度良いのかも知れませんが、そもそも単なる気休め程度にしか期待してないMIDI化にそれほどまで手間かけるか?っていう。

それにこのソフトの一番面白いのは解析感度をレバーをいじるだけで変えれる視覚的な効果があって、必要な音がわかりやすい。
拾ってしまった倍音や、ドラムの効果もノイズ除去機能である程度消してくれる。
このファジーさがファジーな人間に丁度いい。

ただ、なぜかwaveファイルから解析すると再生時に音が出ない。
mp3からならでるんだけど。

一番ありがたいのが、未だに開発中で今後ますます発展が望めることかな。MIDIファイルにして出力してくれるようにもなるみたいだし。

まぁ気休め程度なのには変わりないですけど。ないよりはましだと思う。ピアノのようなフラットな音をとるには結構役立つかと。


あと耳コピに便利なのはWPAK32ですね。これは耳コピ必須ツール。
配布元閉鎖により再配布ページ

ループ機能、再生速度および音程変更と耳コピーに欠かせない機能が装備されており、それが簡単に操作できる優れもの。
同じような機能を持ったツールは他にもいろいろあるけど、これの一番の利点がフィルタ機能。
フィルタ機能の使い方はこちらの説明をどうぞ。
難点をあげればwavかmp3のCBRしか読み込めないこと。まぁ大したことじゃないけど。

そんな環境でうちは耳コピしてます。

あとおまけ
http://sakura.heteml.jp/bluewhitebear/mimicopy.html

プレーヤーズ王国のMIDIをのぞく方法が載ってます。

リズム感のヒント

「音楽を学ぶすべてに人のために」

問題なのは二ページ目から。
この話単体でも気づかされる点はいろいろあるけれども、話をもう少し別の方向に活かすと、ジャズで言われるところのリズム感、タイム感といったものにも活かせるですよね。
特にタイム感について。

ここであんまり長々と書いても意味がないので、とりあえず一言。
ジャズは2,4拍でリズムをとるけど、本当にリズムをとってるのは1拍目だけだってこと。
これが分かってないプレーヤーが多すぎる。
だからラテンなんかやらせると似非ラテンになる。

題名のない音楽会

先日7月12日に行われた題名のない音楽会の公開収録の情報をたまたま見つけたんですが、その出演者が結構面白いので紹介紹介。

7/12 題名のない音楽会公開収録音楽聴きまくりLife♪

まずジャズと民族音楽との出会いということで松永貴志が民族音楽との競演。
後半にはなんと中村天平が登場。
レ・フレールも登場。


なかなか面白い組み合わせです。

今話題のレ・フレールですが、注目され出す少し前に一度だけ見たことがあるんですが、それほど面白いか?というのが正直な感想でした。
パフォーマンスという面ではすばらしかったけど、演奏の方がただ弾きまくってるだけって感じでおもしろみというかメリハリがない。
それ以降演奏を見てないので、注目されてるのもふーんという感じでした。
注目されだしてから一皮むけたのかも知れないので、放映されるときが楽しみです。

7月12日に収録と言うことなので、おそらく8月の12日放映かな?
楽しみに待っておきましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。